小紋屋 TOP

茶縞染織/紡ぎ・草木染め・機織り

猫の毛で糸を紡ぐ

2022.04.23 2022.04.23

猫をブラッシングしたときに採取(?)した抜け毛と綿を混ぜて、手紡ぎ糸を作りました。
物置から布団綿を打ち直した古いシート綿が大量に出てきたので、手紡ぎに使えるか実験を兼ねて。
打ち直し綿ということもあり繊維が超〜短いことと、猫毛の直毛感が相まって紡ぎにくさはありましたが、まあまあ紡げます。

ただ、綛あげと撚りどめや玉巻きの過程で、単糸のままでは糸がもろくて切れてしまうことが発覚。
急遽予定変更して2本取りの双糸に仕上げました。
完成した手紡ぎ糸、100gで352メートル。
織り糸にするか、編み糸にするか。
残念ながら、若干チクチクした触り心地なので、身につける小物にするのは厳しそうです。
長毛種の洋綿を使えば、もう少し手触りが良くなるのかも。
また猫毛が溜まってきたら、自家栽培の綿を使って再チャレンジしてみます。

ということで。
一連の作業動画をYouTube にアップしましたので、興味がありましたらご覧ください。


今回はハウツー動画ではなく「やってみた」系の動画 なので、全編倍速以上で編集しました。
倍速のため冒頭の猫のブラッシングがやや乱暴に見えてしまいますが、実際は優しくブラッシングしていますのでご心配なく。

関連タグ